allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017)

メディア映画
上映時間99分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2017/09/16
ジャンルコメディ/ロマンス
映倫G
最狂の恋が僕にやってきたッ!!
奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール Blu-ray 豪華版
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,115
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:大根仁
製作:市川南
中山道彦
企画:鈴木俊明
福冨薫
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山内章弘
金吉唯彦
津嶋敬介
プロデューサー:平部隆明
市山竜次
協力プロデューサ
ー:
馬場千晃
原作:渋谷直角
『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(扶桑社刊)
脚本:大根仁
撮影:宮本亘
美術:都築雄二
編集:大関泰幸
キャスティング:新江佳子
音楽:岩崎太整
音楽プロデューサ
ー:
北原京子
VFX:菅原悦史
スタイリスト:伊賀大介
ヘアメイク:細川昌子
吉田佳奈子
記録:井坂尚子
照明:冨川英伸
製作担当:田辺正樹
装飾:西村徹
録音:渡辺真司
助監督:二宮孝平
出演:妻夫木聡コーロキ
水原希子天海あかり
新井浩文吉住
安藤サクラ美上ゆう
江口のりこ牧野
天海祐希江藤美希子
リリー・フランキー倖田シュウ
松尾スズキ編集長・木下
李千鶴
中村無何有
カイ・ホシノ・サンディー
川島潤哉
益山寛司
松本まりか
森由佳
熊谷弥香
久保陽香
飯田孝男
山根和馬
石橋菜津美
オクイシュージ
しまおまほ
【解説】
 渋谷直角の同名マンガを「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督が、主演に妻夫木聡と水原希子を迎えて映画化したラブコメディ。奥田民生に憧れるうだつの上がらない雑誌編集者が、無自覚に男を狂わせる魔性の美女に振り回され、人生を狂わされていくさまを、奥田民生のヒット・ナンバーの数々とともにコミカルに描き出す。共演は松尾スズキ、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、天海祐希。
 奥田民生を崇拝し、彼のような“力まないカッコいい大人”を目指す33歳の雑誌編集者コーロキ。おしゃれライフスタイル雑誌の編集部に異動となり悪戦苦闘していた彼は、仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかりに一目惚れ。しかし彼女は出会った男をことごとく狂わせてしまう魔性の女だった。そんなあかりにすっかり心奪われ、彼女の自由奔放な言動にただひたすら振り回されていくコーロキだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-10-25 12:18:13
【ネタバレ注意】

渋谷直角の原作コミックは未読。まあ、読みたいとも思えないけど。
ミュージシャンの奥田民生に憧れる33歳の編集者コーロキユウジ(妻夫木聡)が、ライフマガジン「マレ」編集部に異動。編集長木下(松尾スズキ)、先輩編集者の吉住(新井浩文)と、サブカルにも詳しい編集部の面々に戸惑いつつ、奥田民生のセンスを守ろうとする。そんな中吉住の紹介でファッションブランドの広報担当天海あかり(水原希子)に出会ってひと目惚れ。運良く彼女とつきあい始めたコーロキだったが、彼女の恋人は吉住だった…みたいな。
大根仁らしいケレンミたっぷりのラブコメなんだけど、個人的に水原希子にまったく魅力を感じないので、うーむ勝手にやってれば?という感じ。とはいえ、あんな感じのブランドにこだわる美女とつきあった経験がないこともないので、台詞の不機嫌になった時のぶっきらぼうな感じとかは懐かしい?感じがした。
結局男女関係は、どちらかが上位に立った瞬間に終わる気がする。従僕になることが嬉しい、というキャラならともかく、そこに存在するのは上下関係であり、決して対等な男女関係ではないからだ。ということで、いい歳した大の男3人が若い女に振り回されるシーンは正直失笑するしかなかった。ま、水原希子はファム・ファタールとしての役割なんだからあんなんでもいいんだけどね。
編集長が実は…というのも途中で読めたので驚きもなく。

で、個人的に奥田民生に思い入れがないので、奥田民生の何がスゴいのかも最後までわからず。結局ミュージックステーションでタモリにジーパンの染みについて聞かれて、正直に「ラーメンの汁を飛ばした」と答えた、というエピソードに感動したっていうだけ。
軽くて中味薄い女に振り回されたダメ男の物語、ということで。

投稿者:笠勝利投稿日:2017-10-05 16:05:54
エロティックで愛らしい水原希子にめまいを感じ、安藤サクラのテンションMAXの怪演に言葉を失った。凄い。それだけでも観る価値はあった。でもやっぱり猫より犬が好きだな。
【レンタル】
 【Blu-ray】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2018/03/07
 【DVD】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール2018/03/07
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION