allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017)

THE POST

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2018/03/30
ジャンルドラマ/サスペンス/伝記
映倫G
「今」を弾丸のように撃ち抜く、
真実の物語――

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


 Photos

【解説】
 スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ。ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出す。
 ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2018-05-06 02:30:49
この手のジャーナリスト映画が、いつまで経ってもタイムリーなのはなぜ?かの人物はホワイトハウスから締め出したから、トドメを刺されちゃったんだね。http://mototencho.web.fc2.com/2018/post.html
投稿者:敦煌投稿日:2018-04-16 23:03:34
すごいなあ。スピルバーグがリアルタイムで安倍政権の批判映画を
作ってくれるなんて。


あ、違うんですか? あまりに状況が似ているので、てっきり。
投稿者:パゾリーニ投稿日:2018-04-10 17:48:09
あからさまに語られる時代になってしまった現在、誰のための、誰にとっての民主主義か? の問いに答えられなくなってしまった現代、かなり苦しい映画であると思いました。それを除けば「面白い」映画ですが、そうは簡単に言える映画ではないので。「オヤジ、後ろは川だよ」(寺山修司が、黒澤が「どですかでん」を創った時に評論した文章のタイトル。これがはまる気がします。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2018-04-10 02:18:39
サスペンス満点で面白い上に感動的。さすがスピルバーグとしか云いようがない。
この映画がいま作られたことに、同じ時代を生きて観られたことに感謝したい。
と同時に、この映画を作らずにいられなかった映画人の決意、危機感に身が引き締まる思いである。

http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-623.html
投稿者:カール犬投稿日:2018-04-09 23:54:00
【ネタバレ注意】

ベトナム戦争を抱えた70年代アメリカ社会の混沌とか
スクープを追うブンヤのえげつなさとか足りてない感じ。

でもそういう当時のリアルを描きたかったわけではなくて、
矛先は意に沿わない報道すべてを「フェイクニュース」と発信する
今のトランプ政権に向いているんだろう。

なので政府の情報隠蔽の闇や不正をえぐり出すより、
守られるべき報道の自由&台頭してきているフェミニズム。
それらをわかりやすく・観やすく・きれいにまとめてある。

まさにタイムリーだし、実在の人物がゾロゾロ出てくるんだから
誰も悪くは描かない=描けないだろうけど、、ちょっときれい事すぎる印象。

メリル・ストリープは育ちの良いセレブリティ階級のお嬢様主婦だったのが
頼りだった夫に先立たれ、思いもかけず地方新聞社の社主になって
古株の側近や男社会に囲まれてその意見に翻弄されながら戸惑いつつも
徐々に自分の判断や決断を下すようになる女性像を明確に表現。

でも裁判所の階段を降りていくシーンで彼女を取り囲むのがすべて女性とか
こういういかにもミエミエの演出って苦手だなあ、、、
実にスピルバーグらしいや、、

好みだったところ↓
活版印刷の細かい植字作業とか巨大な輪転機が回りだすところとか、
輪転機の揺れで印刷が始まったことを知る記者とかこういうところは好き。
レモネード売りで大儲けしたトム・ハンクスの子どもが
稼いだお金を親にちゃんと預けていて、
まだ家庭の秩序がきちんとしていたというところも好ましい。
公衆電話でコインをバラまいてしまうところとかも懐かしいね。
文書報道に勝ち目がないと延々と反対していた新聞社の顧問弁護士が
裁判ではシレっと肯定発言しているところもワンカットだけどなんか好き。
あとニクソンの頬っぺ。たるんたるん。

投稿者:skull & rose投稿日:2018-04-07 14:07:37
輪転機が動き出すとオデンカークのデスクばかりか社屋全体が震動する。あるいは裁判所から出てきたストリープが掻き分けてゆく群衆は、みながみな女性たちである。そしてここで誰にも一言も喋らせない。こうした演出こそ映画ならではのリアリズムの醍醐味だと思える。

意外にもM・ストリープはスピルバーグ映画初出演。リハなしスタイルに戸惑ったらしいが、それでもやっぱりストリープは所々クサい。まぁそれを言ったら常連のトム・ハンクスも同様なのだが…。それでも彼女に対する演出は徹底して内省的で、丁寧の極みといっていい。この監督がここまで女性をじっくりと捉えるというのは初めてな気がするが、ポリティカル・サスペンスとしても、寡黙なフェミニズム映画としても極上の仕上がりだと思う。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-04-05 00:28:09
 これはもう圧倒的な、視点の高低のコントロールを実現した映画だ。複数の人物の、座る、立つという関係のディレクションと、カメラ位置の高低のコントロールにしびれる。このあたりの演出の充実度は、スピルバーグの中でも、突出しているのではないだろうか。
  例えば顕著なのは、全編通じて、メリル・ストリープは座っており、その相手は、立った状態で会話するシーンがかなり多い。まず、映画序盤の投資家たちとの会議の後、消沈したストリープが、机の椅子に座り、正対してフリッツ−トレイシー・レッツが、机の前で立って会話するシーンで、切り返しのカメラの視点(俯瞰・仰角)の高低差に驚いてしまった。つまり、なかなかこゝまで高低差をつけたリバースショットというのは、普通見ないのだ。このような、ストリープを俯瞰ぎみで撮ったカットと、その会話相手を仰角ぎみで撮ったカットの切り返しが、この後も何度も出てくる。相手で云うと、勿論、トム・ハンクスとの間が一番多いのだが、娘のアリソン・ブリーとのシーンでも度々ある。ストリープは会話相手にも見下げられると共に、カメラの視点でも見下げられるということだ。
 そして、ストリープが最も重要な決断をするシーン、輪転機をスタートさせるかどうかを決定する場面も特徴的だ。こゝでは、まず、ストリープをはじめ、ハンクスやトレイシー・レッツやブラッドリー・ウィットフォードら、ポスト社の幹部は皆立っており、カメラは、ほゞ人物の頭の位置にあって、顔を水平に映しているのだが、ストリープが決断し、部屋を退出した後に、部屋に残ってあっけにとられる男達を、カメラは上昇移動で俯瞰するのである。男達はカメラによって見下げられる、という訳だ。

 さて、開巻は、ベトナムでの夜の軍事行動のシーンで始まる。この銃撃戦、わりかしよく撮れているとは思ったが、このシーンだけで、負け戦の象徴とするのは少々弱いとも感じた。
 マシュー・リス(エルズバーグ)に接触する記者ボブ・オデンカーク(バグディキアン)の公衆電話のシーン(小銭をぶちまける!)なんかも楽しく、この人はかなりのもうけ役だとも思う。しかし、このシーンの公衆電話の左上の反射面に、オデンカークの顔を映す、というような器用なカットを挿入したりする。他にも、スピルバーグらしく、車のバックミラーに人物の顔を映しこむ演出が相変わらず多かったりするのだが、本作においては、こういった無駄に器用なカットは、私には、ノイジーに感じられた。

#ハンクスが自宅に帰ってくると、その妻・サラ・ポールソンはソファでうたた寝をしている、というシーン。付けっ放しにされているテレビから、ウィドマークの声が聞こえる。ダッシンの『街の野獣』だ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-04-03 12:38:57
【ネタバレ注意】

現政権が、批判する報道機関を名指しで「フェイクニュースだ」とこき下ろす米国だからこそ、スピルバーグはこの作品を手がけたのだろう。1971年、ニューヨーク・タイムズがスクープした“ペンタゴン・ペーパーズ”。それは1967年に国防長官ロバート・マクナマラの指示で作成された7000ページにも上る文書だった。そこにはトルーマン以降、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソンといった政権にまたがるベトナム戦争に関して隠蔽された膨大な事実が記されていた。
そもそも戦争に一度も負けたことのないアメリカが負けるわけにはいかない…そんな理由で若き米兵たちは泥濘のようなベトナム戦線へと送り込まれていた、ということが露わになる。
当時のニクソン政権は国家の安全保障を脅かすとして、ニューヨーク・タイムズの記事差止め命令を連邦裁判所に求める。

そうしたなか、資料を入手しようと駆け回るライバル紙のワシントン・ポストがこの作品の舞台だ。
掲載すれば間違いなく政権がポスト紙を潰しに来る。
だが、報道機関として掲載せず目をつぶれば、その役割を放棄したことになる。
物語は編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)と、ポスト紙の社主キャサリン・グラハム(通称ケイ:メリル・ストリープ)を軸に、元シンクタンク研究員だったベン・バグディキアン(ボブ・オデンカーク)ら記者たちの奮闘も描かれる。

幾つか「?」というシーンもあった。突然編集局に姿を現し、靴箱に入れた資料の一部を持ってきたのはいったい誰なのか。
最終的にバグディキアンが内部告発したダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)から直接資料を入手したから良かったが、最初の資料だけでは記事になりようがない。あれはどういうこと??

政権に都合の悪い事実を「国家機密」にしてしまうのは簡単だ。都合の悪いことが世に知れ渡れば、国家の安定基盤が崩れる。その結果国力が弱まり、安全保障に重大な危険が生じる…為政者は必ずそう自己正当化する。困ったことにこれに同調する国民も少なくない。知らなければ主権者たる自らの責任を問われることはない。国のことは国に任せるべきだ、多少の犠牲はやむを得ない…自分にさえ不利益がなければ。
民主主義は、市民が自らの責任をも負う、ということである。つまり不都合な事実を隠す政権を否定することもまた、市民の義務であり責任でもあるのだ。
さて、では報道機関はどのように振舞うべきなのか。
そもそも報道機関は誰のために働くべきなのか。
目の前に伝えるべき事実がある。だが報じると間違いなく大混乱が起きる。その責任を負えるのか、と自問自答する。だが、それは報道機関が負うべき責任ではない。メディアは「伝える」ことしか役割は与えられていないのだ。もちろんそれに伴う論評はあるだろう、しかし、最終的に判断するのは「市民」「国民」であるはずだ。彼らは材料がなくては考えることも出来ない。それを自ら放棄することは、民主主義への裏切りではないのか。
たまたま新聞社の経営者であるキャサリン・グラハムは、歴代の政権といい関係を築いてきた。しかしそのことと報じることは違う、と彼女は悩んだ挙句決断する。
この決断がその後のベトナムからの撤兵や、ウォーターゲート事件のスクープにつながったのは間違いない。
政府の広報新聞と化した某紙とは異なる、メディアの矜持が感じ取れる作品に仕上がっている。

ただ、社会派ドラマを描くとき、スピルバーグ監督は登場人物に饒舌に語らせすぎる感がある。全てを台詞で説明しようとするかのようだ。だから名優をキャスティングしている割に、映画的な歓びはやや薄い。首尾一貫してテレビドラマ的なスピード感なので、個人的にはそこがもの足りない気がした。
しかしながら政権が「フェイクニュース」と連発し、報道機関を批判する異常な時代、この作品が持つ意義は決して小さくはないと思う。

投稿者:dadada投稿日:2018-04-01 15:52:39
お嬢様社主であるメリル・ストリープが、記事掲載の判断をくだすシーンにグッときた。
まぁ個人的にも、年齢的に部下の前で判断をしなきゃいけない局面は日々あって、社会的責任の大きさやら何やらには逆立ちしても彼女に届かない差もあれば、自分にはまだまだ上席者もいたりするんだけど、彼女のように絶対的な信頼を得られているかどうかに自信を持てない気持ちもあるから悩む。要は“正しい”判断をってんだけど、まぁ、それがサァ〜...。
忖度したくなる人物の存在があったりとか、壁を 隔てた向こう側には自分の言葉を待つ人間がワサワサいるとか、何かと身につまされるシーンもあったりしたなぁ。
組織の中では、トム・ハンクス的な立場、プレーヤーとして前進あるのみのイケイケな立場でいたいんだけどなぁ...な〜んて、せっかくリフレッシュのつもりの映画なのにね。

エンドタイトルが勇壮に流れて、ジョン・ウィリアムズ!ってクレジットが出た時は、「おかえりなさい」って心の中で拍手。また、代打さんの仕事かなと思ってたので。
投稿者:ノリック007投稿日:2018-03-30 17:52:39
ダニエル・エルズバーグが内部告発し、
ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が中心に
特別チームを作り、1971年6月13日に報道された
「ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年−1968年」
という記事から事件が始まります。

ペンタゴン・ペーパーズは、有名ですが、古いので、
政治に興味がある無しにかかわらず、若い人達には理解できないでしょう。
若い人達には、「シチズンフォー スノーデンの暴露」や「スノーデン」
のほうが親しみやすいと思います。

電話は盗聴されることを意識しているところに緊張感があって良いです。

リチャード・ニクソン大統領は、ダニエル・エルズバーグの信用を失墜
させる目的で、チャールズ・コルソン政治特別顧問に指示し、
ハワード・ハントとゴードン・リディにルイス・フィールディングの病院
からダニエル・エルズバーグのカルテを盗ませました。

ラストは、民主党本部で起きた盗聴侵入事件であるウォーターゲート事件
を監督しているハワード・ハントの目線で終わっているところも良いです。

日本のバカメディアにも裁判官にも、全く理解できない映画です。

バカメディアは、総務大臣に放送法174条(業務停止)や
電波法76条(電波停止)で、脅かされて、キャスターを
降板されるなどしているので、全く理解できないということです。

「報道機関は国民に仕えるものであり、政権や政治家に
 仕えるものではない。」という判事の判決が良いです。

米国憲法修正第1条には、「合衆国議会は、国教を樹立、または
宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または
報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた
苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を
制定してはならない。」と定められていて機能していることを
示してくれる映画です。

日本で起きたロッキード事件よりも前で、ベトナム戦争時代の頃の話です。
理解したい人は、「J・エドガー」、「JFK」、「フルメタル・ジャケット」、
「プラトーン」、「地獄の黙示録」、「7月4日に生まれて」、「ニクソン」、
「大統領の陰謀」、「ザ・シークレットマン」を事前に鑑賞し、理解する
必要があります。

ペンタゴン・ペーパーズは、米国政府がベトナム戦争を負けると知った上で、
自作自演で始めた戦争だということが明らかになりました。

日本は、ベトナム戦争と無関係と思っているなら何も知らないバカです。
日本は、日米安保条約の下、沖縄県や横須賀、横田などの在日米軍基地の提供し、
兵站補給基地として米国政府を一貫して支え続けることで巻き込まれた戦争
なのです。
日本はベトナムを空爆することに参加したということです。
ほとんどの日本人はこの事実を知りませんが、多くのベトナム人はこの事実を
忘れることはありません。

報道機関が権力に屈し、真実を報道しないからだと思います。

ジョージ・W・ブッシュ米国大統領は、イラクがニジェールからウランを輸入し、
さらに他国からウラン濃縮に使う遠心分離機用の「アルミ・チューブ」を輸入した
と嘘を言って、イラク戦争を始めました。

小泉純一郎首相と川口順子外務大臣は、何も調査せずに、何の努力もせずに、
米国政府のイラク戦争を世界で一番早く、支持し、イラクに対して戦争をも
辞さないとする国際連合安全保障理事会での決議を提案に賛成するように要請し、
800人の自衛隊をイラクへ2003年12月から2009年2月まで派遣しました。

映画「フェア・ゲーム」を鑑賞し、理解できれば、分かることですが、
ほとんどの日本人はこの事実を知りませんが、世界中の多くの人々はこの事実を
忘れることはありません。

報道機関が権力に屈し、真実を報道しないからだと思います。

http://www.geocities.jp/internetshow2000/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞メリル・ストリープ 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)トム・ハンクス 
 □ 女優賞(ドラマ)メリル・ストリープ 
 □ 監督賞スティーヴン・スピルバーグ 
 □ 脚本賞ジョシュ・シンガー 
  リズ・ハンナ 
 □ 音楽賞ジョン・ウィリアムズ 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞トム・ハンクス 
 □ 主演女優賞メリル・ストリープ 
 □ アンサンブル演技賞 
 □ 監督賞スティーヴン・スピルバーグ 
 □ 脚本賞ジョシュ・シンガー 
  リズ・ハンナ 
 □ 編集賞Sarah Broshar 
  マイケル・カーン 
 □ 音楽賞ジョン・ウィリアムズ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION