allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

来る(2018)

メディア映画
上映時間134分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2018/12/07
ジャンルホラー
映倫PG12

2018年12月7日、全国東宝系にてロードショー

来る

(C)2018「来る」製作委員会


 Photos
来る来る

【クレジット】
監督:中島哲也
製作:市川南
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山内章弘
プロデューサー:西野智也
兼平真樹
ラインプロデュー
サー:
内山亮
制作プロデューサ
ー:
佐藤満
企画・プロデュー
ス:
川村元気
原作:澤村伊智
『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫刊)
脚本:中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
撮影:岡村良憲
美術:桑島十和子
編集:小池義幸
音楽プロデューサ
ー:
冨永恵介
成川沙世子
VFXスーパーバ
イザー:
柳川瀬雅英
桑原雅志
キャスティングデ
ィレクター:
元川益暢
スタイリスト:申谷弘美
ヘアメイク:山崎聡
記録:長坂由起子
照明:高倉進
上野敦年
装飾:西尾共未
録音:矢野正人
助監督:高土浩二
出演:岡田准一野崎和浩
黒木華田原香奈
小松菜奈比嘉真琴
青木崇高津田大吾
柴田理恵逢坂セツ子
太賀高梨重明
志田愛珠
蜷川みほ
伊集院光店長
石田えり
松たか子比嘉琴子
妻夫木聡田原秀樹
【解説】
 澤村伊智による第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を「告白」「渇き。」の中島哲也監督が豪華キャストの共演で映画化した戦慄のホラー・エンタテインメント。謎の怪異に取り憑かれた一組の家族と、その正体を突き止めるべく調査に乗り出したオカルトライターが、民俗学者や霊媒師らの力を借りて想像を絶する最恐の敵に立ち向かっていくさまを鮮烈に描き出す。主演は「関ヶ原」「散り椿」の岡田准一、共演に黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡。
 子煩悩な田原秀樹は身の回りで起きている怪異な出来事に不安を抱き、妻の香奈と幼い一人娘・知紗を守るため、友人の民俗学者・津田に相談し、藁にもすがる思いでオカルトライター・野崎のもとを訪ねる。さっそく野崎は日本最強の霊媒師・琴子を姉に持つキャバ嬢・真琴とともに調査を開始する。しかし、その“何か”はとうてい真琴の手に負える相手ではなかった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-21 12:30:21
【ネタバレ注意】

うーん何だかな。ホラー映画は基本観ないことにしているのだけど、中島哲也監督作品だし、一部では評価されているし、ということで週末のレイトショーへ。ところが何とその上映回の観客は自分だけ。客席にぽつーん。これで怖い映画だったらどうしよう、とドキドキしながら観たけれど、結論、全然怖くなくてそれなりに面白かった。
この作品では途中で語り手が替わり、主観がズレていく。
妻夫木聡演じる田原秀樹から、黒木華演じる妻香奈へ。夫と妻の視線が全く異なるのは予想の範囲内で、前半はある種「藪の中」的展開。そして主役とみられた夫婦が相次いで不審死を遂げて退場していく。
さて、そうなっていくと誰がこの物語を導いていくのか。
そこで登場するのが松たか子が演じる比嘉琴子。神も仏も総動員で「来る」のに備えるバカバカしさ。殆どお祭り騒ぎ。
民俗学者として登場する青木崇高は、『リング』(1998年)の真田広之みたいな役回りかと思いきや、中途半端な立場だなあ。死んじゃうし。
岡田准一のフリーライターも何だかな。比嘉琴子の妹真琴(小松菜奈)を巻き込むきっかけを作る役目だけ?と思ったら、赤ん坊がどんぶらこと流れる三途の川?みたいなところでビビっているばかりだし。この賽の河原のイメージは、中川信夫監督の『地獄』(1960年)を思わせたけれどどうなんだろ。
怪獣映画のような対決シーンでも、結局「来た」ものの姿は見えず、結果(破壊された儀式の場、死体等)で見せるだけなので、消化不良感が。

で、結論としては「はこまる」さんのコメントに全面的に賛同します(イマドキ高校生男子のくだりは大いに笑いました)。
もう「中島哲也っぽい」というだけでは辛い。彼らしいケレン味たっぷりな演出は、こうしたホラーには合わない気がする。ホラーはそもそも派手派手しい要素が入っていて、彼の目指すポップなものと必ずしも相性が良くないのではないだろうか。
といいつつ、最後まで面白く観たのも確かなんだけど。

投稿者:dadada投稿日:2019-01-15 07:45:08
歳をとったせいか、最近は即物的なショック演出の映画って苦手になった。それが売りの昔のスプラッター映画みたいなのは、今更ダメだなぁ。
だから、情けないけどホラー映画全般もやや避けてるところがあるんだけど、コレは中島監督だし、正月映画だし、昔はホラーも守備範囲だったし...と鑑賞。
あぁ〜単純に面白かった。
妻夫木君が出ているせいか、ホラーにもかかわらず明るく軽い「愚行録」的な面白さ。
育児ノイローゼとお気楽旦那のあり方なんて、黒木華の巧演もあって、嫁さんと観る映画じゃないなコレって感じの居心地の悪さ。
弾ける小松菜ちゃん、超カッコいい松たか子、シリアスであればある程アガル柴田理恵...女優陣がイイね。
逆に男優陣は、岡田君も含めて情けないのがイイ。
お祭り騒ぎのラストがあって、あぁ〜面白かったって映画でした。
投稿者:LOU REED投稿日:2018-12-21 00:36:27
原作は未読。同じ東宝、同じ架空の物語だが「シンゴジラ」より面白かった!
本道の恐怖映画ではないが、映像美、役者の演技が素晴らしく、またストーリー展開もテンポ良く最後まで楽しめた。演じる役者の演技が素晴らしかったので、中弛み無く最後まで見ることができた。大好きな大友克洋の漫画をちょっとだけ彷彿とさせる映像も良かった。
投稿者:たのきゅう投稿日:2018-12-14 05:16:57
【ネタバレ注意】

神仏を総動員しなければ祓えない「ぼぎわん」の正体がイメージ映像でしか表現出来ないのは、確かにJホラーの歴代キャラクターに比べると弱い印象しかない。中村義洋監督が撮っていたら、また違ったテイストの作品になっていたんだろうなと思った。松たか子の冷静な霊媒師、岡田准一のオカルトライター、柴田理恵の怪演は良かったけどね。

投稿者:はこまる投稿日:2018-12-10 20:25:31
最初から分かってはいたのですが、『リング』(98年)や『呪怨』(99年)みたいな本格的ホラー映画とは趣が違います。中島流ホラーエンタメといった感じです。
正直、思ったほど怖くも 面白くもなく、中島映画のデコレート感がストレートな恐怖感を殺いでいる気がしないでもないです。
どこかでみたことがある映像が続き、神と対決する大規模なクライマックスでなんとか体裁を整えています。
まあ、でも、こんな豪華なスケールでお正月にホラー映画を公開しているところはファンとしては嬉しいものがありますね。

かつて日本映画の救世主になるかと思われた中島美学ですが、未だに映画を拒絶しているような部分があり、本作ではその「染まらない美学」がいよいよ古臭い匂いを放ち始めてる感じがしました。
ホラーエンタメとしては白石晃士の『貞子vs伽椰子』(2016)という傑作がありますが、それと比べても全然弱いという印象です。

にしても、人口100万都市の中心部にあるシネコンで公開二日目日曜日と言うのに、お昼上映で、観客が自分の家族と連れ(5人)を含めても20人いなかった。
しかも、一緒に観た娘(中二)のボーイフレンド3人は『ボヘミアン・ラプソディ』じゃなく「ホラー映画見る」と言ったらロビーで固まって泣きそうになってるし、上映中もフード被って目隠ししてるし、ドサクサにまぎれて娘に抱きついてるし、娘もまんざらじゃなさそうだし、いったい今時の男子はどうなってるのかしらん。
【ミュージック】
【CD】 来る
新品:¥ 2,700
1新品:¥ 2,700より   0中古品より 

【書籍】
■原作
【文庫】 ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)
新品:
6新品:¥ 734より   41中古品¥ 341より 

【単行本】 ぼぎわんが、来る
新品:
4新品:¥ 1,728より   31中古品¥ 175より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION