allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

jam(2018)

メディア映画
上映時間102分
製作国日本
公開情報劇場公開(LDH PICTURES)
初公開年月2018/12/01
ジャンルアクション

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

jam

(c)2018「jam」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:SABU
エグゼクティブプ
ロデューサー:
EXILE HIRO
プロデューサー:宮崎聡
清水洋一
中林千賀子
小河原修
江良圭
アソシエイトプロ
デューサー:
秋山真太郎
脚本:SABU
撮影:柳田裕男
特殊造形:中田彰輝
美術:林チナ
衣装:小磯和代
編集:SABU
音楽:松本淳一
VFX:小坂一順
アクション:小池達朗
ガンエフェクト:遊佐和寿
メイク:橋本申二
照明:宮尾康史
装飾:須坂文昭
録音:飴田秀彦
助監督:石川浩之
湯本信一
出演:青柳翔横山田ヒロシ
町田啓太西野タケル
鈴木伸之川崎テツオ
秋山真太郎山下
八木将康金城
小澤雄太世良
小野塚勇人滝口
佐藤寛太前島
野替愁平港町
清水くるみ
筒井真理子向井昌子
【解説】
 「天の茶助」「MR.LONG/ミスター・ロン」のSABU監督が劇団EXILEとのコラボで贈るアクション・エンタテインメント。熱狂的なファンに監禁された場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ、瀕死の重傷を負った恋人の意識回復に繋がると信じて、毎日ひたすら善行を続けるタケル、刑期を終え、そのまま復讐に乗り出したテツオという3人を主人公に、それぞれの物語が次第に交差し絡み合いながら展開していくさまを疾走感あふれる筆致で描き出す。主演は青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、共演に向井昌子。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Longisland投稿日:2018-11-01 19:52:34
疾走感は流石SABU監督(といっても大昔のポストマンブルースしか見てません)?
車内がとんでもないことになってる車から遡られる一日。登場人物は多めですが散漫になる事なく各キャラも丁寧に描かれているし、意外な展開に引き込まれていきます。
演者はみんな劇団EXILEなんですか、皆さん個性的で上手いですねぇー
そんな個性的な男優陣に対するのが筒井真理子さん。猟奇的でいてコミカルな不思議女性を見事に演じています。
なんだかわかんない世界に突然放り込まれ、なんかわかんない内に一緒に走らされた感じ。 本当に面白かったーー。

映画祭上映EXシアターはとんでもない状態
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION