allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

すべてをあなたに(1996)

THAT THING YOU DO!

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1997/02/15
ジャンル青春/音楽

【解説】
 ガイは怪我したドラマーの代わりに、友人ジミーのバンドに参加した。彼がジミーの作曲した“ザット・シング・ユー・ドゥ”を速いビートで演奏すると、これが大受け。メジャー・デヴューまでとんとん拍子に話は進み、彼らは一躍人気スターとなるが……。60年代を舞台にした、ロック・バンドの青春と恋を描いた作品。トム・ハンクスの映画初監督作品で、脚本、出演だけでなく、オリジナル曲の作成にまで関わる熱の入れようだ。登場する歌手たちの元ネタがわかれば、さらに楽しめるかも。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
639 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:けまぶり投稿日:2014-10-03 18:43:47
ただし、お
投稿者:uptail投稿日:2014-09-29 10:55:55
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:jb投稿日:2013-04-22 00:45:48
自然と笑顔で観れる作品。
投稿者:vegirama投稿日:2009-05-27 19:53:51
おもしろい
投稿者:まくらK投稿日:2008-03-13 16:11:21
結構好きだけどヒットしなかったのね。
メンバーもその後パっとしないし。
「ロードキラー」にあのアホが出てたくらいかな。
ガイの兄ちゃんなんか見たもとねえ。
リブ・タイラーって不思議な綺麗さやねえ。
オバサン顔と言えばオバサン顔やのに。
ちょっとまちがったら西川ヘレンの娘。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-11-18 20:58:40
【ネタバレ注意】

全米ヒットチャートを駆け上がる…

そう、リブ・タイラーがラジオから流れる彼らの曲を聴いて狂喜、そして大騒ぎで疾走する〜メンバーと出会って、また大喜び…果てはドラマーの実家(電気屋)で、大フィーバー!
…とか、ビルボードにチャートインしては大喜び!…まぁそれらが実に泣けます。

他にも細かい仕掛けが色々とあって音楽好きには実に楽しいのだな。
あのクイズを出すホテルのドアマン(プロフェッショナル!)とか…
あの息子のタイコをバカにしてた親爺が国民的TV番組に出演するや…ドラマーと化したり…

ムービー撮影は音の出ない仕掛けか…アンジェラ・アキのTODAYってCDのオマケDVDで、彼女も消音ピアノ弾いてましたね。

…で、まぁビルの予言どおり2ヶ月+1発屋で解散〜金か女かツアーか…入隊か?〜もう1つ会社の意向と音楽性の食い違いですかね?

ナイトレンジャー(ロックバンド)も、バラードナンバーがヒットするや、会社からポップ路線を要求されてダメになったらしいからね。僕にとって彼らはドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー(炎の彼方〜LP持ってます…)だけどね。
ギターキッズには堪りませんよ…あのジェフ・ワトソンの速弾き(ブラッドギルスとソロを分け合う…順番はプロレスで勝負した…ってのはリップサービスかもだが…)〜だけど、当時「ナイトレンジャーの〜」って友達に話しかけたら「5レンジャー?」ってバカにされました。まぁそういう新人だったわけなのだが…

まぁ、壊れておしまい…なのだが、素直で可愛い役なリブが最後にラブコメなハッピーエンドを演出してくれるので、まぁ楽しいですね。シャーリーズ・セロン?〜そういや彼女だね〜トム・ハンクスも監督だけでなく、彼らをバックアップする会社側の人間として結構な熱演をしてます。(まぁ彼にとっては普通でしょうが…)

投稿者:s-iko投稿日:2006-11-21 00:39:11
あまりにも捻りの無いコメント題ですが、まさにそういうことなのですよ!
60年代のアメリカに現れては消え、現れては消えした。いわゆる「ガレージ」バンドの成り立ちと生態、って感じで。堪らない。
ワンダースの曲は若干今風だけど、僕は好きです。サントラ買っちゃいました。
音楽トリビアを美味しく頂く、というようなロック映画の正道的な楽しみ方を出来ちゃうのは勿論、青春映画としても出色!最高に爽やかな気持ちだ!
投稿者:ASH投稿日:2005-12-05 00:48:02
【ネタバレ注意】

俳優の片手間の仕事とは到底思えない完成度を誇る、優れたロック映画のひとつ。ビートルズ登場後は、英米でこの手のグループがそれこそ雨後の竹の子のように出現した。そういうことを知って観るといいかも。ワンダーズとはワン・ヒット・ワンダー(一発屋)から採ったのかな?

60年代ポップスを再現したスコアも素晴らしいわ。アダム・シュレシンジャー(アイビー、ファウンテンズ・オブ・ウェインのメンバー)とトム・ハンクスの才能に脱帽!

投稿者:chacha投稿日:2005-11-28 15:14:17
成功→栄光→挫折→別れ→ワオ!(?)
みたいな流れできちんとまとまってて良い映画だと思いますーー。
リブタイラー&シャーリーズセロン超かわいい☆
ラストもすてきーーニコニコ映画って感じですねーー
投稿者:イノキチ投稿日:2004-08-29 00:00:54
数年前にこの映画を見て、ようやく題名が分かりさっそくもう一度みました。
やっぱりおもしろいです(サントラも注文してきました)
トムハンクスが脚本を書いたと聞いて驚きです もっと有名になってても
いいのになあと思いましたね
投稿者:kota投稿日:2004-05-10 13:50:55
作品としては何という事もない凡作だと思いますが、私には見逃せない点が
ひとつ。主人公のドラマーのガールフレンドとして映画出演二作目の
シャーリズ・セロンが出ている事、ここでの彼女は典型的なちょっと頭の弱い
ブロンド娘と言った役だが驚くのはその美しさ!まるで「生きているバービー
人形」としか形容のしようの無い姿でホント驚きます。
投稿者:いっちーこ投稿日:2003-06-05 10:52:02
抑えた演出といえば聞こえはいいけど、要はたいした起伏もなく
盛り上がりにも欠ける、悪い意味で淡々とした映画ね。
退屈はしないけど、だらだら流し見で十分な映画よ。

でもね、この映画に唯一の存在意義があるとしたら、やっぱりリブ!
ラジオで曲が流れたときに叫んで走り出すリブ。
もうこのシーンだけは、このリブの演技だけは、完全に心に残る名シーンね。
リブFANはこの映画を見ずしてリブを語ることなかれ。
このときの素晴らしいリブの演技を称えて、
アカデミーとは言わないけれど、
MTVベストハッピー賞でもあげたいわ。http://www2.tky.3web.ne.jp/~bruce/newpage2.htm
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-07 18:24:29
楽しげだった。
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-02-27 21:08:14
ストーリー的には、「アメリカン・グラフィティー」のバンド版みたいで、60年代の青春の描き方や構成に新鮮味はない。ラストの処理の仕方も似ている。しかし、ストーリーにメリハリがついていて流れるテンポがいいので、まあ退屈せずに見ることができた。
本作の売りは、やはり音楽。すべてオリジナルとは思えない程の出来で、作品を盛り上げている。この音楽が自分の好みかどうかで、本作の評価は決まりそうだ。
投稿者:ジョナサンFan投稿日:2003-02-16 09:14:14
観に行ったのはもう5、6年位前になるのかな?
あまりにも暇だった日に一人でふらっと観に行きました。
特に観たかった映画でもなんでもなかったのに
一度観たら妙〜にハマってしまい、その後も映画館に
3度ほど足を運んでしまいました・・・。
唯一私を夢中にさせてくれた映画だと思います☆
この映画の中で演奏している曲も大好き♪
今でも時々DVDを見たりサントラを聴いてなごんでます。
ワンダーズ最高!!

投稿者:K I R I K O投稿日:2002-10-28 13:18:39
OPから白々しい臭い演出カット割りは、芝居もクサイ、ハンクスならでは。
脚本構成も酷くガタガタだ。ファッションや映像の面白味も薄く、ツアーなど、美味しいすぎる設定も取材不足と想像力の無さで殺してしまった。音楽業界も巻き込んでサントラも商品価値とした映画として良く作られる作品だが、サントラも売れず、人気絶頂期のリブが出ていたにも関らず話題にもならなかった映画。
ハンクス自身も語らず無かった事にしている事でも分る通りヒドイ駄作。
「青春デンデケデケデケ」でも見てる方がましだ。
投稿者:ibaraki投稿日:2002-10-01 16:03:38
 さっぱりした映像でティーン・エイジャーの青春を描いている佳作。
アメリカの50年代〜60年代の描写が暖かくて良い。

アメリカン・ドリームの体現をモチーフに物語が進んでいくが、
出演陣もさりげなく豪華な布陣で楽しく見られた。
投稿者:aiiiin投稿日:2002-07-14 15:58:16
 ラジオから流れてくる曲があんなにも素晴らしく聞こえるなんて!見ている私まで嬉しくてジーンとなりました。それに音楽とリブ・ターラーもサイコーです。
投稿者:文太投稿日:2002-01-17 07:06:36
アカデミー賞俳優の自作自演にしては、さりげない演出が好感持てるなかなかの出来。ぜひ、また新作を撮ってもらいたいものだが・・・。
投稿者:zipang投稿日:2001-03-20 07:07:14
楽しめる。リブ・タイラーかわいいし。一発屋バンド(ビートルズ風?)の栄光と挫折の青春ムービー。恋もあるよ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主題歌賞アダム・シュレシンジャー作詞・作曲 That Thing You Do
□ 歌曲賞アダム・シュレシンジャー "That Thing You Do!"
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION