allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヒット・パレード(1948)

A SONG IS BORN

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(大映洋画部)
初公開年月1951/12/07
ジャンルミュージカル
ヒット・パレード [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 3,998
amazon.co.jpへ

 Photos
ヒット・パレード

【解説】
 '41年の「教授と美女」をホークス自身が、同じゴールドウィン製作の下で再映画化。あちらは戦時中の作品で遂に劇場にかからぬままビデオ化。こちらは「虹を掴む男」でのD・ケイ人気で、日本でもちゃんと公開した。でも出来はというと、断然、前作に軍配があがります。“Ball of Fire”から“A Song Is Born”と原題も変わって、本作はセミ・ミュージカル。よって、前作でゲイリー・クーパーが演じる言語学研究は、音楽史編纂に変更されている。D・ケイは、ジャズの研究のため、ナイトクラブを徘徊するうち、ギャングの情婦で歌手(オリジナルではダンサー=バーバラ・スタンウィック)のV・メイヨと知り合う。そして、研究室に押しかけられて……、後は両者同じ展開。喜劇としてのテンポが弱い分、盛りだくさんの音楽(サッチモ、B・グッドマン、T・ドーシー他、実に豪華)で補おうってわけで、それはそれでゴキゲンに楽しめます。
<allcinema>
評価
【関連作品】
教授と美女(1941)
虹を掴む男(1947)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2013-11-04 12:18:45
ヴァージニア・メイヨ
投稿者:noir fleak投稿日:2012-09-15 08:53:51
出演している豪華ジャズメンのため良しとしよう。ケイ、メイヨの次にクレジットされるのは、ベニーグッドマン、トミードーシーその次にサッチモ。サッチモが一番先にこないところがハリウッドの限界でしょう。
最後の大乗り曲「フライングホーム」でも本来なら、ここにイリノイジャケーが出て大ブローすべきところ。しかも御大ライオネルハンプトンまで出ているのだ!
本作が作られたのは1948年。演奏されるのは皆スイング時代の曲だが、モダンジャズと言っているのがおかしい。あー、ただの一作でもハリウッド映画にチャーリーパーカーやガレスピー、バッドパウエルが出ていたらどんなに良かっただろう!!!


投稿者:ノブ投稿日:2010-06-01 19:48:03
【ネタバレ注意】

「ヒット・パレード」(監督:ハワード・ホークス 113分)
話の内容は世間知らずの音楽教授が音楽百科辞典を完成させる為に当時のジャズなどの現代音楽を研究する話。
ポリネシアの求愛の歌が面白かった(「エンドゥアー・トンディエー」と歌いだし、「ウッハッ」と掛け声を出すコミカルな歌をマジメに説明するというコミカルさ)
窓拭きの黒人二人が音楽クイズの答えを聞きに研究所に入ってくる演出が面白かった(その内の一人がピアノでブギウギを演奏したり、もう一人がビーバップを歌いだしたりして、それを聴いたダニー・ケイが現代音楽の研究をするようになる。最初はゆっくりとしたクラッシック音楽で途中から黒人達の速い演奏になる所が良かった。)。
クラブやダンスホールや酒場でルイ・アームストロングなどの演奏を調査するシーンが面白かった(タバコを吸ってそのタバコを指に挟みながらピアノを演奏する白人やピアノ演奏1人と黒人4人の歌手で歌を歌うグループやルイ・アームストロングが演奏していた黒人がいっぱいいる酒場の雰囲気などがいい雰囲気だった。*「昔観た記憶の中では、マッチ棒を足の代わりにみたてて、マッチブギウギをマッチ棒で踊らせる演出があったような気がしたが、今回見たときにはなかった」)
タクシーでギャング二人が、ネズミのでる倉庫や叔父の葬儀屋の死体安置所で寝泊りする事をヴァージニア・メイヨに勧めるセリフのやりとりが面白かった。
朝エプロン姿で現れ、後ろに布が無く下着が見えているヴァージニア・メイヨの背中をダニー・ケイがカバンで隠す演出が面白かった。
クラリネットの教授がミュージシャン達の演奏に参加して即興で演奏していくシーン・演出が良かった。
ミュージシャン達が集まって研究室で「ジャズの歴史」という曲を録音するシーンがオシャレだった(ミュージシャン一人一人に見せ場がきちんとある)
競馬新聞の記事の内容を歌詞にして音楽教授たちが即興で歌を歌い演奏(ジャムセッション)する演出がコミカルでオシャレだった。
「ヤムヤム」を教えると言って分厚い本に乗ってヴァージニア・メイヨが背の高いダニー・ケイにキスする演出が良かった(ヴァージニア・メイヨを研究所から追い出そうとしているダニー・ケイがこの色仕掛けで追い出すのをやめてしまう。「ヤムヤム」の前に窓からさす光でヴァージニア・メイヨの金髪が輝くという色仕掛けも良かった)
ダニー・ケイが、恋をして上の空になって、コーヒーに塩を入れ、ケーキにマスタードを塗り、ミルクポッドにコーヒーを入れそれに色々入れた飲み物をピクルスでかき混ぜる演出が面白かった。
ギャングがくれたデカイダイヤの指輪の上にダニー・ケイがプレゼントした小さなダイヤの指輪をはめる演出が面白かった。
ギャングが父親として電話してきたら、ダニー・ケイが「結婚は親の承認を得ないとダメだ」というアドバイスを聞いて、父親を騙っているギャングにマジメに挨拶する演出が面白かった(自分の年収(3200ドル・賄い付き)まで話してしまう演出が面白かった)
ホテルの部屋番号が9から6になり、ダニー・ケイが部屋を間違えてヴァージニア・メイヨの部屋で結婚への不安を吐露する演出がオシャレだった。
ヴァージニア・メイヨに騙されたと知っても、警察たちに「もうヴァージニア・メイヨは出て行った」と伝えてヴァージニア・メイヨを助けるダニー・ケイが良かった。
最後ギャング達が研究室に乗り込んだ時、教授達だけでなくミュージシャン達も一緒になって大きな音で演奏をして、壁に置いてある置物を振動で落とす演出が面白かった(拳銃を奪い取った後、トッテン財団の創設者の娘が、カバンでギャングの頭を叩いてトドメをさす演出が面白かった)。
牧師がヨボヨボの老人で目が悪く耳も聴こえず補聴器をつけていて、ギャングとヴァージニア・メイヨの結婚式が、話を聴き返したりして遅々として進まない演出が上手いし面白いと思った(結婚を引き延ばし、教授達が結婚を止めさせに乗り込んでくる上手い時間稼ぎになっている)。
教授達がギャングの結婚式に乗り込んで来た時、拳銃を渡してダニー・ケイとギャングが一騎打ちの殴り合いをする演出が良かった。
ラストにキスシーンで終わる演出もとても後味が良かった。
全般的に
全編にカッコイイ演奏がいっぱいでとても面白い。
演出もオシャレでコミカルな演出が多くとても面白い(特に世間知らずの教授達が大真面目にコミカルな研究をする演出が良い)。
主人公の男女二人・他の6人の教授達・家政婦のオバサン・黒人の窓拭き二人・ミュージシャン達・弁護士と財団の創設者の娘・ギャング達など俳優陣もとても良い。
カッコイイ音楽とコミカルでシャレた演出が満載のとても面白い作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:Ikeda投稿日:2003-07-25 21:31:55
この映画の良い所は、スイング系のミュージシャンが大勢、出ている所です。ベニー・グッドマン、ルイ・アームストロング、トミー・ドーシー、チャリー・バーネット、ライオネル・ハンプトン、メル・パウエル、ルイ・ベルソン、ハリー・ババシン、アルトン・ヘンドリクソン、ゴールデン・ゲート・クワルテット、そして、あまり有名ではありませんがページ・カバノフのトリオが出演しています。全体のストーリーも、ミュージシャンをうまく使って組み立てています。ダニー・ケイとヴァージニア・メイヨーも好演ですが、ヴァージニアの唄は吹き替えのようです。この映画では、棚の置物を演奏で落とすシーンが特に印象に残っています。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ヒット・パレード2009/07/27\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ヒット・パレードレンタル有り
 【VIDEO】ヒット・パレードレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION